噂のあいつが久留米にやってきました。

あんまり期待してなかったんだけど、

実際見てみると結構うれしいかも。

え?

あいつって?

忙しいのも今日で一段落な感じ。とはいっても感じがするだけ。

なにも片付いちゃいない。。。明日も休日出勤でさくさく事務処理。。。

でも忙しいのは大ちゅき。なんかわからないけど充実感だけはあるから。

だけど結局、充実感だけ味わって何も身になっていないでいうのが一番怖い。。。

あ〜設計してぇ〜。

「いろんな経験が後になって役に立つんだよ。」

ってもう一人の自分が言ってる様な。。。後っていつだよ?!おいっ!


独り言はこれくらいで、最近、はまってるのが、画家ゲルハルト・リヒター。

画家って言うより、芸術家?

特に、初期の頃の写真にフィルターをかけた様な作品と、

最近のガラスを使った作品が大ちゅき。

対象にフィルターをかける事で、対象を直接見るよりもぼかしや、曖昧さが増し、

より対象の存在の本質をつかもうとする自身の創造性を高める様な気がして、

その純粋的な曖昧さは、なにかわくわくさせる面白さがあるね。



その色はサーモンピンク。

ベリー系の酸味。

きめ細かい泡。

けして甘すぎず、辛口な大人の味わい。

忙しい一日の最後をちょっとだけエレガントにしてくれる。。。


ロデレール・エステート・ブリュット・ロゼ.JPG












「ロデレール・エステート・ブリュット・ロゼ」 スパークリング/カルフォルニア



最近、微妙にいそがしか。。。ねむい。。。

最近、天気が悪いですね。。。

しかし今日は天気がちょっと晴れたので、前から行きたかったCafeに行ってきました。

福岡市内から車で約40分、若杉山の山奥の「茶房 わらび野」へ。

隣接する「蕎麦 文治郎」で腹ごしらえしてCafeでまったり。

茶房わらび野.JPG
















茶房わらび野2.JPG
















茶房わらび野3.JPG


















コンクリートうちっぱなしとガルバニウム鋼板の外観と内装は白で統一された空間です。

すっきりとした空間で、家具の配置とバランスがよかったです。
隣との距離が絶妙な距離感で人が多くてもゆっくりできそうでした。(今日は平日でほかに1組しかいなかったけど。。。)

なにより見晴らしがよかです!!!福岡東部が一望!!!

この立地だったら全面ガラス張りにしたくなるのがよくわかります。

茶房わらび野.JPG



















ウインナーコーヒーと生湯葉のレアチーズケーキを食してきました。



夕方、中州の出会い橋で海猫が並んでました。近くに寄っても逃げず。可愛らしかです。

うみねこ.JPG












まったりした一日。。。

昨日はバタバタしましたが、昼はちょっと時間があってちょうど品川にいたので、
原美術館に行ってきました。

品川駅で降りて、少し前までリーマンの買収で問題になってた京浜ホテルの前を通り、

歩く事約10分。ちょっと奥まった静かな住宅街のなかに、ひっそりとありました。

原美術館.JPG












時代を感じさせる、白くてレトリックな建物。

そのまわりの空間だけなにか違った時間が流れている様な、そんな感じがします。


ちょうど中では「ジム・ランビー」の個展が開催中でした。

ジムランビー.JPG













中は撮影禁止なんで写真はとれず。。。


小さな美術館の中全体を使ってのインスタレーションは、
全面白塗りの空間に、床が幾何学的な波模様で一面覆い尽くされている。

異次元的な空間に作品を展示させて、視覚的に何か違ったものを感じさせると言うか、
新しい感覚を対象者に見せようと言う様な感じ。

パンフレットにも書いてあったけど、音楽好きみたいで作品の中にも、
ジョンレノンやマイルスデイヴィスをモチーフとした写真に、油絵をコラージュさせた
作品なんかや、レコードBOXをそのままコンクリートで固めた様なオブジェなんかがありました。

小さな空間でやっても面白いけど、もっと奥行きのある天井の低い空間で、
この波模様の床とホワイトの空間でやっても、もっと面白い空間になりそうです。

僕自身、ジム・ランビーの事は全然知らなかったんだけど、面白い体験でした。


たまには現代美術を見るのも面白いっす!

前の5件 2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12 次の5件