architecture: 2010年3月Archive

今、200年住宅とか、スケルトン・インフィルの考え方で、

「フロー(新築)」から「ストック(既存住宅)」へ。

定期にメンテナンスを行って長く使っていくということが、

少し前から取り上げられてる。


確かに、少子高齢化、ストック住宅の飽和、ローン負担の軽減 の面では、

素晴らしい考えかもしれない。

ただ、今住宅メーカーで建てる人でさえ、

戸建住宅のデザインへの要求は年々、大きくなっているのを感じる。

その要求にスケルトンは対応していけるだろうか。


考え方によっては、

過剰なものはいらない、最低限安心できる家で、ローコストで、

一世代のみ住める家、次の世代は新しい家を建てる。

そういうことでもいいかもしれないと最近おもう。


過剰な高級化、ブランド化は本当に住み良い家には必要だろうか。

メーカー有利の優遇制度は本当に必要か。


最近、この業界にいてよく考える。

1

2011年11月

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Recent Entries