e.t.c

「中年金融マンぐっちーさん」の人気ブログを読んでると、
世界の「珍名」所 大集合

ってサイトへのリンクがありました。
このノリ、いいなぁ[emoji:e-224]

なんか、中学校のころにあった「バウ」って雑誌を思い出した[emoji:e-464]

衆議院選挙に大して興味はありませんし、母校出身の某議員やタレント議員にも
全然関心ないですが、この方が出馬する(予定)となると別です。
遠く福岡から、陰ながら応援してます!

以前お話をさせていただき、メールをやりとりする機会がありましたが、
熱い思いと、ハンパじゃない行動力、共感せずにはいられない話術に圧倒され、
一発でファンになってしまいました。
そのとき英敬さんは経産省の職員でしたが、生まれて初めて「こんな人にこそ
日本のトップに立ってほしい」という気持ちを抱いたのを覚えています。

英敬さんは、現在33才。
これから国政の場でご活躍される姿を楽しみにしとります。
僕も、自分の持ち場でぼちぼち頑張ってこ。


毎日新聞 2008年1月15日
「衆院選・三重2区 自民県連選対委、鈴木氏擁立で合意」


 自民党県連三重2区選挙対策委員会は14日、鈴鹿市内で会合を開き、次期衆院選の候補者に経済産業省地域経済産業政策課課長補佐、鈴木英敬氏(33)を擁立することで合意した。鈴木氏は15日付で経産省に辞表を提出する予定で、同党県連は16日に総務会を開き、擁立を正式決定する。

 候補者選びを一任されていた川崎二郎・元厚労相は「全員一致で了承した」とし、「三重2区は産業面で県内では群を抜いて力がある地域。この地域を引っ張っていくには、鈴木氏が(経産省で)これまでやってきたことが役立つと思う」と語った。会合には鈴木氏も出席し決意表明したという。

今日の昼休み、ジュンク堂へ行った。
会社に戻ってきて、午前中はなんともなかったのに、夕方から体調がなんかすぐれない。
なんか関節が痛いし、気分悪いし。
なので、今日は早めに家に帰り、熱を計ってみると、35度。
なんだ、気のせいかと寝ていると、寒気がどんどん増してきた。
はじめに計ってから1時間くらい後に、もう一回体温を計ると、39度!![emoji:v-15]

急いでタミフルを飲み、解熱剤を飲みました。
明日の仕事が心配です…。
インフルエンザじゃないことを祈りつつ、いまから寝ます。
皆様もご自愛を…。

昨日、「アース」を見てきました
嫁さんが行こうって言いだしたのですが、僕も予告編を一回見て、ガツーンとやられまして、早速近所のコンビニでお菓子とお茶を買い、夜8時からのレイトショーに行ってきました。


見終わった後、行ってよかったと思った!
世界各地の絶景、オーロラや満天の星空、楽園のようなジャングル、北極や砂漠での厳しい自然、食うか食われるかの動物の世界に、鳥肌が立ちっぱなしでした。
BBCとNHKが共同製作したドキュメンタリーの「プラネットアース」の劇場版だそうですが、僕はプラネットアースを見てませんでした。
プラネットアースのDVD全11巻、買います!


CGは全くなしで、最新の撮影技術をフル活用して、撮影に五年かけたそうです。
ズームインするときは山の遠景から動物一匹の映像までアップするし、ヘリからの映像は全くぶれないし、超スローモーションで動物の動きを捉えてるし、まるで神の視点


パンフレットに、「これまでにカメラにおさめられたことのない、地球上で最も美しいものを目にする、これが最後のチャンスである」と書いてありましたが、それは本当だと思います。
北極、南極の氷が解け、砂漠がどんどん広がっていく、ジャングルが伐採される、生態系が変わっていく…。
今から10年、20年後には、地球の風景もかなり変わっているでしょうから。
映画の中で、北極の氷が解けてしまい、大海原を漂う白熊の姿がありましたが、それを見たときには、何とかしなきゃと感じました。


「不都合な真実」のように、環境保護のメッセージ色が強いわけではありませんが、淡々と、美しい地球の姿や、動植物のドラマチックな生き様を最高の映像と音楽で魅せることで、「この状態をキープしなきゃいかん!」と思ってもらうことが、この映画の目的の一つなんだと思います。
今のうちにこの映画を脳裏に焼き付けて、DVDが出たら買い、子どもに将来見せてあげます。
「お父さんが若かったころの地球はこんなに美しかったんだよ。それが今では…」てなことにならないように。
ストップ温暖化。

予告編

アースHP

食事の後は、同期と二人でパチンコへ。
パチンコは一年に一回、仕事始めの日に今年の運勢を占う意味で、おみくじ代わりにチャレンジしてます。

昨年は、「パチンコ冬ソナ」にトライし、寛大なヨン様のお計らいで、最初の1,000円で確変を引き当てたのでした!
おかげさまで?良い一年を過ごせました。

今年はヨン様がご不在でしたので、「CRぱちんこ黒ひげ危機一髪」へ。
しかし今年は不調[emoji:e-259]
しかもリーチ時に、パチンコ台に備え付けられたボタンを使ったゲームをクリアしなきゃいけないので、素人には難しかった。
タイミングよくボタンを押して、宝石をゲットするゲームでは、獲得数ゼロで、チャンスを逃すし…。
こりゃいかんと、1,000円札を投入しつづけ、5,000円使ったところで、キター!大当たり~[emoji:e-257]


8-1-1.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

パチンコ台から流れてくるのは、松崎しげる大先生のソウルフルでハートウォーミングな歌声。
♪おいらは黒ひげ 海賊黒ひげ~♪
♪だーから 剣を刺さないで~♪
♪ポンポン ポポンポン♪

全部で3連チャンして、結果はトントン。
まぁ、中吉ってところでしょうか。
運試しとしては上等かな…。

今日は仕事始め。
まずは会社で、年始の会議。
会社として、個人として、今年どうするかを話し合う。
この年始の会議は、今年は何を目標にしていくかということを考える、いい機会になってます。
会議の中で、先輩が「いま、入社して以来の一番大きな壁にぶつかってて、それをどう乗り越えていくか」という意気込みと戦略を話してました。
それを聞いてて、かなり気合い入った。
オレも負けられん!
愚直に、地道に、出来ることからひとつひとつクリアしていきます。

会議の後は、JA佐賀が経営する「季楽」に、佐賀牛を食いに行ってきました。
お値段が手頃なメニューから、最高級の佐賀牛のサーロインステーキ(250gで1万円)まで、予算にあったお肉を楽しめるようです。
僕は、もちろんリーズナブルに、“佐賀県産和牛”のカルビと有明鶏のランチ(1300円)。
ご飯がおかわり自由で、コーヒー、アイスも付いていました。

8-1-0.jpg

 

 

 

 

 

満腹になったところで、さて、仕事…
ではなく、毎年恒例の運試しへGO[emoji:e-2]

博多季楽
住所:福岡市中央区西中洲6-
電話:092-737-2122

昨日は、中学・高校の同級生の新年会。
今年は全部で20名くらい集まった。
毎年1月2日に開催してて、今年で4回目になるでしょうか。
昨年はロシアの酒で完全にノックアウトされましたが、今年は3時半まで、昔話や仕事の近況などの話題に花が咲き、いいスタートを切れました。

ちょくちょく会う面子以外に、高校卒業以来12年ぶりに会う人も何人かいて、すごく盛り上がった新年会でした。
大学時代の友人と会ったときは専門分野の話で盛り上がるけど、高校の友人達は様々な方面に進んでいるので、色々な話が聞けてこれまた面白い。

皆さん、活躍の場は東京・関西・海外と様々で、仕事の分野も幅広いですが、やっぱ帰ってくる場所は福岡ですもんね。

中高の新年会と、大学の同期の友人たちとの忘年会は、定期的に会って近況を報告しあう、とても楽しみな場になっています。
いくつになっても、馬鹿話ができる間柄でいたいっす。
そして、定期的な情報交換から、新しい仕事につながっていくような展開になっていくようなこともあるかもしれないですね。

2007年の年始にいくつかの計画を立て、実行に移してきたのですが、実現できたものとできなかったものがありました。
仕事のことは詳しく書きませんが、プライベートでは、結婚式もなんとか無事に終えることができ、ブログを開設し、生活習慣を朝型に変えることができました。
実現できなかったものは、資格取得の勉強が一番大きかったです。
スタートすら出来てないもんなぁ…。

今年は結婚したこともあり、会社や友人、親族との縁のありがたさを感じた一年でした。
感謝感謝。

振り返ってみると、今年はこれまでで最も充実した一年だったような気がします。
いまから、来年の計画をつくります。
来年も、これまでで最高の一年だったと思えるような年にしたいです。

今日は大学の友人達との忘年会。
偶然、中高の友人とも久々会った。
今宵は気持ちよく酔いましたぁ。

仕事の内容や立場、家庭環境などは色々ですが、ホント、みんなそれぞれの現場で頑張ってますわ。

仕事の話題もさることながら、子育てネタや結婚ネタなどで盛り上がるという、30代前後の年代らしい飲み会になったなぁ。
食ってるものは相変わらずラーソーメンですが…。
僕的には、この時期のラーソーメンは年越しそばよりも定番化してます。

今から、来年末のふとっぱらの夜が楽しみです[emoji:e-257]
おやすみなさい…。

社会起業家フォーラム代表の、田坂広志氏の講演が日経新聞に載ってました。
2007/12/18 日経新聞広告特集「CSRと社会起業家-イノベーションの新たな戦略」より、一部抜粋

・・・・人材流動化の時代は、一つの企業で育った人材が、他の企業で活躍する時代。
そして、これからは異業種とのネットワークのなかから新事業が生まれてくる時代。
自社で育った人材が、その企業を巣立ち、さまざまな企業で活躍することは、その企業にとって、社会貢献であるだけではなく、大きな財産となっていく。
経営者はそれを人材流出と嘆く必要はない。


では、社会に貢献する人材とはいかなる人材か。
その新たな人材像が「社会起業家的人材」である。


この社会起業家的人材は、日本社会における新たなイノベーションを牽引していく。

その第一の理由は、競争原理と成果主義だけではイノベーションは起こらないということ。
人の役に立つものをつくりたいという夢、志、使命感が新たな商品の開発を成し遂げ、イノベーションを牽引していく。

第二の理由は、イノベーションそのものが進化すること。
これまでは政府や大企業が牽引し、生活者や消費者がその恩恵を享受してきた「享受型イノベーション」であったが、これからは生活者や消費者が、直接、商品の開発や普及に参加する「参加型イノベーション」になっていく。
そして、その進化を加速するのがウェブ2.0革命。
いま、ウェブの世界では、ユーザーが自発的に集まり、自由に意見を出し合い、生産者と消費者が協働して新商品や新サービスを開発する「プロシューマー型開発」が増えている。

しかし、こうした「人々の智恵」を借りてイノベーションを進めるためには、企業の「共感力」が問われる。
利益至上主義の企業には、人々の智恵は集まってこない。
その企業の社会起業家的人材の「商品やサービスを通じて社会に貢献したい」との思いに共感するから、多くの人々が智恵を貸してくれる。・・・・

最近の、食品・建設・製造など幅広い分野での偽装・偽造関連のニュースを見ていると、消費者の目も、内部の社員からの目も大変に厳しくなっていて、企業の製品やサービスが社会的に認められるためのレベルが相当高くなってきていると感じます。
「ルールが厳しすぎる」「コンプライアンス不況」といった声もありますが、僕は、ある程度ルールを厳しくすることで製品やサービスの品質がさらに向上するので、最近のこの風潮はむしろいい傾向だと思っています。

社会貢献の主体は、個人、企業、都市、地域など、様々あると思いますが、先日、「いくら地域としてイメージアップに努めていても、一つの企業の失敗によって、地域のイメージ自体が下がってしまう」という話を聞きました。
仕事の中でも、「都市としてどうコンプライアンスを保っていくのか」、というのは、一つのテーマになっています。

個人としての社会貢献とは、田坂さんの言われるように、日々の仕事を通じて世の中にために少しでも貢献するという意識を持つことだと思います。
企業としては、ルールやモラルを守るのは当然のことで、法令遵守・コンプライアンスの問題をクリアした上で、「どう社会に貢献していくか」ということこそが問われている時代のようです。
そして、都市・地域としても、社会に貢献する活動を行っている、ルール違反を犯さないように頑張っている人たちが住む場所、というイメージを出せればプラスに働くでしょうし、地域の中の企業に、コンプライアンスの啓発を行っていくことの重要性・必然性が高まってきています。

これらの、都市・地域として社会的責任(Town Social Responsibility? Area Social Responsibility?)について、来年はもう少し深く勉強してみたいと思っています。

スマートフォンを買うか、ノートPCを買いかえるかで迷ったのですが、一度スマートフォンを使ってみようかと。
機種は東芝のX01T

当初は夏ごろ発売の予定だったのですが、発売延期の連続で、結局12月8日に発売。
予約してから4ヶ月間も待ったので、発売当日に買いましたよ!

キャリアをドコモからソフトバンクへ乗り換えました。
11年間ドコモを使いましたが、長期ユーザーにたいした優遇もなかったので、未練なしです。
iPhoneがドコモから出たら、またドコモに戻るかもしれませんけど。

機能だけをみると、イーモバイルのEM-ONEが一番よさげなんだけども、嫁さんも両親もソフトバンクなので、通話料の安さでソフトバンクの一択。

ウィンドウズモバイル6搭載で、ワード、エクセル、パワポなどの基本ソフトが使えます。

通信方式は3Gハイスピードで、PCサイトも思ったよりストレスなく見れました。
WiFiはまだ使ってないけど、福岡の街中に公衆無線LANはほとんどないでしょ。
家の無線LANが使えるかどうか、試してみる必要あり。

あと、ディスプレイはタッチスクリーンなのですが、スタイラスペンがなければ、ちょっと使いにくいです(指が太いため)。

ていうか正直、まだあまり使いこなせてません・・・。

今日は佐賀で打ち合わせ×5本。
観光戦略や農業振興、市場調査、文化保存など、様々なテーマのお話を聞いた。
帰りのバスの中でブログを書いてます。

先日、東京のとある有名なコンサルタントA社の方々にお話をお聞きする機会があったのだが、合併でお客さんの数が減っている状況や、仕事の単価が下がっていることなど、仕事を取り巻く状況は似ているとおっしゃっていた。
また、所員の人数や、中間となる40代がいないことなど、所員構成も似ていた。

だが、仕事へのアプローチの仕方は大きく異なっている。
A社は、仕事のエリアは全国広く対象として、観光・景観というテーマの専門性を極めていくというスタンス。
うちの会社は、仕事のエリアは特定の地域に入っていき、ある程度扱うテーマは広くとって、何でも相談に乗りますというスタンス。

テーマとエリア、どちらの専門性を磨いていけばいいのだろう。
どちらもプロフェッショナルになれば最高なんでしょうが…。

将棋の羽生さんの名言に、「インターネットによる学習の高速道路の整備と、その先の大渋滞」という言葉がある。
この言葉は、「インターネットによって情報が入手しやすくなった分、誰でもある程度のレベルまで到達することが簡単になったが、一定のレベルから上に行くまでに激しい競争がある」といった意味だが、このことはコンサル業界にとっても大問題。

情報化が進んで、ある程度の知識はすぐに手に入る時代。
そして、世の中の流れはびっくりするほど速い時代。

これは、言い換えれば、本当のプロフェッショナルにならなければメシが食えない時代。
そして、たとえプロフェッショナルになったとしても、その専門性はすぐに古くなる時代。

この時代を生き抜くには、様々な道があるのだろうが、田坂広志さんが「職業的な智恵」と言うように、全ての仕事に通じる技術を磨く必要があるということだと思う。
全ての仕事に通じる技術とは、情報の入手方法や、対話において言葉を選ぶセンス、人の心を感じ取る力、物事を反省して次に活かす技術など、普通のことのように見せて、実は難しいこと。

こういう“普通だけど難しいこと”のレベルアップを意識して毎日を過ごせば、僕も今より少しは成長できるかも。


7-11-9.jpg長野の山奥はこんな感じ。大雪です。
この時期、こんなに雪が降るのは初めてらしく、これも温暖化の影響なんだそうです。
22日に自宅を出た後に、スタッフの方から、「本格的な冬支度をお願いします」というメールが来てた。
そんなこと言われても、たいした装備は持ってないし、なんとかなるかなと思ったけど、積雪1m。
予想以上に雪が降ってました。
携帯の電波も通じないところで、異日常を存分に味わうことができました。
昨晩東京に戻り、一泊。
明日の夕方、帰福予定。

7-11-8.jpg東京で働く友人と、新橋の高架下で串カツを喰らう。習性なのか、最後はやっぱり芋焼酎。いま思えば、新橋のサラリーマンのようにホッピーを飲んでみたかった気もするけど。

彼は大手電機メーカーの技術者なのだが、先端技術の開発に関わる技術者たちは、地元に帰りたいと思っても働く場所がないと言ってた。
頑張って先生になって戻って来て、経験や技術を地元にフィードバックしてくれよ、Kくん〓

いま、長野に向かう新幹線の車中。
これから発表用の原稿を詰め必要アリ。

携帯からこんにちは。

週末は、中学校からの友人Tくんの披露宴へ。

涙あり、笑いありのとってもいい披露宴でした。
噂通りのゴージャスな式やったです。
料理やワインもほんと美味しかったし、いったいいくらかかったんだろう…。

そして、僕は二次会の幹事を任されていたんですが、今回はほんっといい経験させてもらいました。
前に別の友人の二次会の幹事をしたときは、準備不足だったという反省があったので、今回はゲームの企画・商品やタイムスケジュール、収支計算も自分的に頑張って準備したと思ったけど…赤字を出してしもうたのう。

二次会自体は、6~7人で役割を分担しあったので、けっこうスムースに行ったけど、予想よりも参加者が少なかったっす。
常識かもしれませんが、参加予想が大凡40名だとしたら、30名来れば収支トントンくらいで計算しておくべきですな(今回は35名で計算)。

今回は、三次会の会費を多めに払っていただきました。
三次会に参加した友人の皆さんにはご迷惑をかけちまいましたm (_ _)m

ここ最近の懸案事項の一つだったので、無事?終わってスッキリしたわい~。
大切な友人の晴れ舞台を、気心の知れた、超腐れ縁な面子で祝うことができ、最高に楽しい夜でした。

そして、久々に朝五時までテキーラ祭を開催したのでした。


7-11-6.jpg

 

 

 

 

 

 

 

二次会会場はサウスガーデン1Fの「ココセラ」

僕は、季節労働者です。

3月末が仕事の締めなので、例年は3月が一年で一番忙しい。
そして、4月に前年度の残務を片付け、5月から8月頃までは種まきと、基礎的な調査の日々。
この期間中に色々な方面に顔出し、企画書を書き、営業して、一人5~10本くらいずつの業務を分担する。

9~10月頃から各業務のオチの方向性がちらほら見え始め、11月~12月頃はオチの方向性を絞り込んでいく。
そして、1月~3月にカタチを整えていき、年度末に報告書提出といった感じ。

今年もそろそろ慌ただしくなってきましたが、例年よりも忙しい11月になってまして、若干ピークが来ている感じすらします。
来週・再来週とず~っと出張に出てまして、プライベートでもやることてんこ盛り。

このままブログがフェードアウトしないようにせねば[emoji:e-456]

先日、とある会議に、農園(農業生産法人)の経営者が参加しておられました。

お話を伺ったところ、その方の本業は建設業なのですが、担い手のいなくなった遊休地を借り受け、ブルーベリーやそば、古代米の栽培など、ほとんど独学で農業にも取り組み、H18年に農園をオープンしたそうです。

都心部では景気も回復し、ビル建設や店舗の改装などがしょっちゅう行われていますが、地方の土木系(道路、橋、トンネルなどインフラ系)の建設業は、なかなか厳しい現状だと聞きます。
公共工事は減ってるし、工事単価は落ちてるし。
行政としても、地方の建設業が他業種に進出するために、勉強会や、進出支援の補助メニューを準備しているところもあります。

この会社では、進出分野として農業を選択したそうです。
高齢化して農地を耕せなくなった方々の遊休地を借り受け、無農薬で付加価値が高い野菜の栽培に取り組んでおられます。
今後は農業分野を拡大して体験農園も展開するとのこと。

建設業社は、トラックやショベル、クレーンなど、重機・設備は揃ってますし、若くて力持ちの方がたくさんおられます。
資材置き場など、土地も持っておられますし、農業は比較的進出しやすい分野なんだそうです。

農業のノウハウをどう学ぶか、販路をどう開拓するかなど課題は様々ありますが、成功すれば、農地の持ち主にとっても、土木系建設業にとっても嬉しい、まさにWIN-WINの関係です。



7-11-2.jpg

 

 

 

 

 

 

ブルーベリー農園。
農地の面積は約1.1haで、

農作業専従のスタッフを2名雇用。

どこでもテレビ博多という「インターネット放送局」が今日オープンしたそうです。
うちの会社の元社長の糸乘さんが毎週木曜に出演するようで、今日会社に遊びに来て所員に宣伝していました。

糸乘さんは、昔から「各地の風景や歴史・物語をネットにアーカイブとして残した『インターネット博物館』をつくりたい」と言っていたので、けっこう楽しんでやってそう。。。
70歳を越えてますが、バイタリティーは相変わらずのご様子です。

どこでもテレビ博多のパンフレットには

「ケータイでいつでも、どこでもTVが見られる。『双方向型インターネット放送局』の誕生です」
とあります。

PCで見ればタダだし、ワンセグ携帯が徐々に増えているなか、パケット通信料を払って携帯でこの番組を見ることの意味って何だろう。

・自分の知っている人、同じコミュニティの人が出演している…
・既存メディアで取り上げられない情報(例えば地域に密着したマニアックな情報)…
・クーポンのような、知っていると得する情報…
ううん…。

HPに、「携帯で見るとパケット通信料はいくらくらいです」みたいな情報が載ってるとうれしいかな。
うむぅ。我ながら貧乏性。

あと、番組表を見て気が付いたのですが、金曜の12時からはさとうともやす君も出るみたいですよ!

どこでもテレビ博多、陰ながら応援してます。

チロルチョコ、大好きです。
仕事の合間の“ちょっと一息”に丁度いいんです。

好き嫌いが分かれるところでしょうが、きなこ味と抹茶味のチロルチョコはマイブームでした。
最近も、杏仁豆腐味、黒ごまタルト、塩バニラなど、面白い新商品が出るので、その都度買ってます。
どれもけっこう美味いんですよね。

昨日、会社の先輩がチロルチョコの田川工場に行ってきたらしく、袋詰めのチロルチョコを買ってきてました。
それを見てびっくり。
ていうかこの袋に、100個くらい入ってるぞ!!!
一袋300円だと[emoji:i-198]
コンビニでは1個20円…。
どういうこと???


7-10-4.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ということで、ネットで検索してみたら、不良品を袋詰めにして売ってるらしい。
でもそんなの関係ない。
かたちは少々崩れていようが、やっぱきなこ味はうまい。

初めて知ったのですが、チロルチョコ(松尾製菓)は田川が創業の地らしいですね。
しかも明治36年からお菓子を作ってるらしい。
長崎街道沿い(長崎・佐賀・筑豊など)にはお菓子屋さんが多いとは聞くけれど、チロルチョコが九州の企業だとはねぇ。

ちょっと勉強になった。

グリコと森永の創業者は佐賀出身、千鳥饅頭は飯塚。
ブラックモンブラン(佐賀市)も全国展開に乗り出すらしい。
ガンバレ、九州のお菓子企業!!!!

前の20件 1  2  3  4  5  6 次の20件

PROFILE

twitter


Twitterボタン
Twitterブログパーツ

January 2015

 Sun  Mon  Tue  Wed  Thu  Fri    Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31