October 2010Archive


IMG_0780.jpg


















土曜の夜、通りを歩くだけで肩がぶつかる。

IMG_0777.jpg


















IMG_0778.jpg


















上海蟹

IMG_0669.jpg

















雨後の筍。

IMG_0753.jpg


















上海の観光名所「豫園」
IMG_0681.JPG


















豫園を出ると、しばらく仏像やパンダのぬいぐるみ等を売っている土産物屋が軒を連ねる
IMG_0693.JPG


















IMG_0694.JPG


















歩いて10分もすると、徐々に道幅は狭くなり、怒号が飛び交う路地裏

IMG_0700.JPG


















原付バイクがけたたましくクラクションを鳴らしながら走る
よくこんなスペースを走ろうと思うな~

IMG_0701.JPG


















魚介類、カエルなど

IMG_0708.JPG


















この狭い路地でニワトリをつぶしながら売っていた
血なまぐさい臭いが漂う路地裏
IMG_0709.JPG


















上海の表通りと裏通り。
わずか徒歩10分で、全く違う表情を見せる。
グラウンドワーク マーサー・ロンド・カノンタフの皆さんと。
ここでは半年ごとに60名の失業者を受け入れ、工作や菜園づくり等の職業訓練を行っている。
ウェールズは元々炭鉱町として栄えたが、その後これといった産業がそだっていない。

IMG_0384.JPG



















IMG_0388.JPG


















失業者の訓練プログラムの一環で、環境効率性の高い住宅を建設中。

IMG_0393.JPG


















障がい者の方が作った工作。

IMG_0413.JPG


















マーサー市の市長と面会。首から提げた黄金の首飾りがなんとも仰々しい(笑)

IMG_0418.JPG


















里山の中に立地している。

IMG_0412.JPG

















IMG_0449.JPG



















IMG_0451.JPG


















グラウンドワークカフィリーの農園を視察。
ここでも失業者の方々が農業研修を行っていた。

IMG_0456.JPG


















ウェールズの土壌は貧しく、工作に適さないため、盛り土をして菜園を作っていた。

IMG_0464.JPG


















牧草地帯が続く、風光明媚な地域。

IMG_0486.JPG


















続いて、グラウンドワーク・ブリジェンド&ニーズ・ポートタルボットへ。
ここには、英国でも最も古い製鉄所があり、これと周辺を巡るトレッキング等、
観光に力を入れている。

IMG_0493.JPG




1

PROFILE

twitter


Twitterボタン
Twitterブログパーツ

January 2015

 Sun  Mon  Tue  Wed  Thu  Fri    Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31