西日本新聞という会社

 今日、西日本新聞の記者さんが北部九州の直売所を取り巻く状況について、取材に来られた。もうすぐゴールデンウィークが始まるので、直売所ネタは時期的に向いていますね。僕も新しいネタを仕入れるために「道の駅むなかた」、「道の駅くるめ」あたりに行ってみたいところ。

 ところで、取材に来られた記者のIさんが非常に問題意識を持った、志の高いかたでした。西日本新聞では、昨年から「わたしたちの九州」という長期企画を展開しており、過疎地での暮らしぶりや、都心の空洞化、郊外住宅団地の高齢化、地域づくりの取り組みなど、九州各地の抱える問題や、地域再生の取り組みを特集している。取材が終わってから、Iさんと、九州の地方都市が抱える課題や、九州で暮らすということの“価値”をどう伝えていけばいいのか、といったことについて、小一時間話した。

 西日本新聞という会社は、こういった「地域に密着した特集」を組むだけではなく、意識啓発のシンポジウムや改善のための組織づくりなど、具体的な活動までフォローする取り組みを積極的に行っているので、「書きっぱなし」にしないというイメージがあります。特に「食卓の向こう側」のシリーズは、新聞記事から発展して本やマンガを出版、現在イムズにてアンテナショップを開店している、スゴイ企画。僕も本買いました&店にも行きました。

 一読者としては、今回の長期連載も連載で終わるのではなく、実際に九州各地の都市問題を議論する場をつくり、将来的には地域づくりの研究・活動機関を立ち上げてもいいのではないか、というくらいに思う。

 ただ、商売敵が増えるのはすこし困りますが…。

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 西日本新聞という会社

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://foopdedoo.sakura.ne.jp/hoge/mt/mt-tb.cgi/869

コメントする

PROFILE

twitter


Twitterボタン
Twitterブログパーツ

January 2015

 Sun  Mon  Tue  Wed  Thu  Fri    Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

Recent Comments