セミプロ農業が日本を救う

昨年、入社して初めて農業分野の仕事に関わり、
その面白さが少しづつわかってきました。


初めて農業分野の仕事をするにあたって、
農業行政や農業ビジネスに関わる本を色々と読みました。
そのなかで特に面白かったのが、
「セミプロ農業が日本を救う」
という本。


新聞などでは、国は農地の集約や効率化を進めており、
大規模農家を優遇する方向と書いてあります。
その結果、農業の国際的な価格競争力は若干強くなり、
自給率も少しは上がるのでしょうが、
中国の人件費の安さや、欧米のような大規模集約型農業に勝てるのか…。
また、小規模の農家の人たちはどうなってしまうのか…。


そのことについて、本書では、リタイアした団塊の世代や
農家の暮らしに憧れる都市住民の労働力やノウハウを活かし、
「現在直売所で発揮されている競争力」

を軸に構想すべきだと言っています。


直売所で発揮されている競争力とは、
生産出荷体制の情報化であったり、
農家の方々が実体験を通して、ビジネスとしての野菜取引に習熟したり、
生産者情報の提示や味のあるパッケージングなど
商品の付加価値を上げる方法であったり…。


愛媛県の内子町にある直売所「フレッシュパークからり」では、
POSによる生産出荷管理システムが導入されていて、
農家のおばあちゃん達が携帯電話を片手に
直売所の在庫をリアルタイムで見ているらしいですよ。
一度行って見てみたいものです。


北部九州の直売所で考えると、福岡都市圏の
アジアに近いという立地を活かして
「付加価値のある安全な野菜を中国やアジア各国の富裕層に輸出すれば」
といった妄想も広がります。


ところで、昨日の西日本新聞に、
「福岡県がJAと連携して、アジアに野菜を出荷する会社をつくる」
というニュースが載っていました。
福岡県、フットワーク軽いっす。

2008年2月13日
県産輸出増へ貿易会社 福岡県とJA設立へ 販路拡大や所得向上狙う


イチゴ「あまおう」や八女茶など福岡県産の農産物の輸出を促進するため、同県やJAが新しい貿易会社を設立することが12日分かった。新会社は海外市場の開拓を進めるとともに、農協から直接、海外の輸入業者に商品を流通させ、小売価格引き下げや県内農家の収入増につなげる。「自治体が輸出会社の設立に携わるのは全国的にも珍しい」(同県)という。

 計画では、貿易会社は農産物主体の輸出専門の株式会社。資本金は5000万円で、県は5%の250万円を出資する。県は県内のJAなど農業団体に出資を働き掛け、2008年度中の設立を目指す。

 現在は生産農家から海外の小売業者に届くまで、国内の卸売市場や輸出業者などの中間業者が介在。季節によっては香港での県産イチゴの小売価格が国内の2、3倍となるなど、割高な価格設定が販路拡大の阻害要因となっているという。県は、貿易会社の設立で中間業者を省き、海外での小売価格を下げるとともに、農家の所得に還元し、輸出意欲を高めたい考えだ。

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: セミプロ農業が日本を救う

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://foopdedoo.sakura.ne.jp/hoge/mt/mt-tb.cgi/826

コメント(3)

kajiomi :

TITLE:
SECRET: 0
PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
輸出レベルの話ではないけど、東京の某デパートでは「あまおう」が1個500円とかで売ってる所があるらしい。

あまおうが500円?
福岡人として??福岡で作ってるの??

普通に食べてる意外に知らない特産品ってあるよね。

富士吉田 :

TITLE:
SECRET: 0
PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
このあいだTVで徳島の山間部の村での「葉っぱ産業」を特集でみました。地方の生き残りを考え、JA職員が和食等に使う『妻もの』を作ろうと住民に呼びかけ、今では「葉っぱビジネス」として大成功してるみたいです。
それにより、老人の年間医療費も全国平均の70%ぐらいしかかかってないそうで、人口増加にもつながっているみたいです。 福岡もがんばって日本の食文化をアジアに発信してもらいたいですね。

ksk :

TITLE:
SECRET: 0
PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
>kajiomiさん
あまおうが一個500円って、めちゃくちゃやね。
絶対買わんわ~。
最高級の品質なんだろうけど。
こっちでは一パック500~700くらいだと思う。

>富士吉田さん
先日うちの会社が事務局をつとめた講演会に、
葉っぱ産業の仕掛け人の横石さんに来てもらったよ。
上勝町のばあちゃん達は、葉っぱを売って
年収1000万円以上を稼ぐ人もいるらしい。

地域にネタはたくさんあるんだろうね。
あとはそれをどうビジネスにつなげるか…。

コメントする

PROFILE

twitter


Twitterボタン
Twitterブログパーツ

January 2015

 Sun  Mon  Tue  Wed  Thu  Fri    Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31