February 2008Archive

昨日は嫁さんの誕生日だったので、和食の「まさ喜」に行ってきました。

中央区高砂の雑居ビルの一階にあり、場所がすごく分かりづらい。
店の前の通りは細いうえに、一方通行だし。
まさに「隠れ家」。
知り合いやメディアからの紹介がなければ、なかなか気付かんですよ、多分。


素材は、タケノコや菜の花、せり、わらび、ふきのとう、イイダコ、甘鯛といった、を感じるものばかり。
最近、お腹周りに溜まった「苦労の塊」が気になりますが、お野菜とお魚ばかりなので、メタボ(予備軍だと思いたい)な僕としても嬉しいメニューでした。
素材の良さを楽しむのは家で十分だけど、プロの味付けはやっぱ違いますもんね。

味はもちろん美味しかったですし、食材の説明を丁寧にしていただいたので、たいへん勉強になりました。

8-2-32.jpg前菜盛り合わせ。
ワラビはしゃきしゃきとした歯ごたえで、噛むと粘りけが出る。
輸入物の工業製品のようなワラビとはやはり全然違う。


8-2-33.jpg甘鯛のしゃぶしゃぶ。
お野菜は、聖護院大根や下仁田ネギといった、いわゆる「ブランド」ものが使われていました。


8-2-34.jpg誕生日ということで、ケーキをご用意していただきました。
ショウガのアイスは、後口さっぱり。

店員のみなさんも感じが良くて、プロのおもてなしを感じました。
記念日に行くお店に選んで良かったと思うような、とってもいいお店でした。

まさ喜
住所:福岡県福岡市中央区高砂2-23-6ミリオーネ・シャトー高砂
電話:092-522-2756

球磨郡相良村にある、川魚料理の店「やまめ庵」へ。
ご主人は福岡市にある大濠高校の先生だったのだが、釣り好きが高じて球磨にお店を開いたそうです。

お店で出されるやまめなどの川魚は、大将が川辺川で釣ってきたもの。
川辺川といえば、ダム建設か否かで40年以上モメつづけているので有名。

「川辺川ダムが完成すると、やまめが川から消えるだろうから、いずれ廃業の運命です」というご主人の言葉が印象深い。
公共工事で稼ぐ人もいれば、その裏で消えゆく自然と食文化がある。

8-2-25.jpg釣り仲間達が集まることができるような、隠れ家・秘密基地的なお店。


8-2-26.jpgいろりを囲み、イワナの薫製とおにぎりを焼く。


8-2-27.jpg骨も炙って、残さず食らう。


8-2-28.jpg天然やまめの甘露煮、煮物。


8-2-29.jpg鶏の薫製。


8-2-30.jpgやまめの天ぷら。これが一番美味しかった。


8-2-31.jpgやまめと山芋のつみれ汁。

 

 

 

 

 

 

やまめ庵
住所:球磨郡相良村柳瀬2213-1
電話:0966-23-3002

日曜日のネタ。
小旅行二日目はひなまつり巡り。
東北や北海道が雪に埋もれている2月下旬~3月、九州ではひなまつりが各地で開催され、
春の到来を告げる定番イベントとなりつつあります。
今回は人吉球磨のひなまつりをチェックしに行ってきました。


●神城文化の森

まずは球磨郡錦町にある神城文化の森へ。

8-2-19.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

丘の上に、レストラン、家族風呂、昭和のポスター館、アンティーク、焼酎館、茅葺きの里など、いろんな施設がてんこ盛り。
ここまで統一感がない施設が集まっているのも珍しいのでは?


8-2-20.jpg

天守閣まである。

天守閣の中にお雛様など、ひな人形が

1万体展示してあります。

 

 

 

 

 

 

 

8-2-21.jpgなかには、こんな恐い人形も…。


 

 

 

 

 

 

 

 

●専徳寺
次に向かったのは、専徳寺。
人吉球磨のひなまつり発祥の場所。
40年前、ここの住職が愛娘のためにおひなさまを飾ったところ、それを近所の人が見に来るようになった。
住職は、みんなが喜ぶ姿を見るのが嬉しくて、おひなさまをどんどん集め、結局人形は3千体にもなった。
今ではそれを目当てに人が集まり、地域一帯でひなまつりが開催されるようになったそうです。
回りには、特産品を売る屋台も出ていました。
住職一人の行動が人や地域を動かし、周辺にお金が落ちています。

8-2-22.jpgこの家のおかあさん?が、すっごく楽しそうに説明してくれた。
いたって普通の民家に、おひなさまが飾られています。
近所の家に、「お宅のおひなさま、みせてください」といって上がらせてもらうような感じ。


 

 

 

 

 

 

 

●鍛冶屋町
続いて、人吉市の中心市街地に移動し、鍛冶屋町界隈を散策。
鍛冶屋町通りは、1100年頃の昔から、鍛冶屋が軒を連ねていた通り。

8-2-23.jpg通り沿いの店舗の軒先にもおひなさまが飾られ、町の賑わいを演出しています。


8-2-24.jpg裏通りはこんな感じ。
なんか、とっても懐かしい雰囲気。

今週末は、いつもお世話になっている観光のM先生が九州に来られるということで、温泉マニアの某市役所H氏、うちの上司Yさん、僕の4人で福岡県宮若市視察→基山のうどん→熊本県球磨郡あさぎり町→人吉市という行程での1泊2日の小旅行に出かけた。

福岡市からあさぎり町までは車で約3時間。
球磨盆地にあり、山に囲まれた中に平地が広がる。
まずはくま川鉄道「おかどめ幸福駅」にて、愛甲町長ご夫妻のお出迎え。
娘さんを知ってる(笑)のだが、お母さんとそっくりだった!
テレビで話題?のヨン・半様のグッズもあります。
ヨン・半様は、恐らく町一番の有名人。

8-2-12.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この日は町長の案内で町を見てまわった。
幹線沿いは、全国チェーンのスーパーやパチンコ店が立地していて、商店街も少しさびしい感じだったが、細い路地に入ると、梅やつばきが咲き乱れ、垣根がきちんと整えられ、昔ながらの町なみが残るとっても雰囲気のいい通りが広がっていた。

8-2-13.jpg

8-2-15.jpg

8-2-16.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

農家民宿の「てっちゃん」の家を覗きに行くと、フルーツトマトを分けてくれた。
これ、本当に美味しかった。すっごく甘い!農薬を使ってないので、収穫したトマトを洗わずに食べることができる。このトマト、福岡あたりで売ってくれませんか?

その後、駅前の開発予定地、直売所や温泉、史跡なんかを見て回った後、みんなでお食事に。
町長の日々の仕事の話や、あさぎり町に対する思いを聞いた。大手家電メーカー勤務の後、町長選挙に立候補されたので、民間企業の視点・経験を行政に活かそうとなされている。
定年後の悠々自適の生活を選ばず、いばらの道(?)に進まれた町長の言葉は、熱かった!

宿泊は、あさぎり町の農家民宿「后寿慶の森」へ。
まずはハンテンを着て、記念撮影。

8-2-17.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ご夫妻のお人がらが明るく、とっても気さくな方々。
みんなでこたつを囲んで、球磨焼酎と奥さん手作りの“ゆべし(柚餅子)”をいただきながら、夜は更けていく…。
ご主人は、もと法務教官をなされていたそうだが、退職後、農家民宿をやって人とふれあい、会話するのがとっても楽しいとおっしゃっていた。
もてなしてくれる人が楽しんでやっていると、その気持ちがお客さんにも伝わると思う。

8-2-18.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

農家民宿には初めて泊まったけど、そこに普段から住んでいる人の日々の暮らしと食が見え、人の温かさに触れることができた。
すっかり、あさぎり町のファンになりました。

佐賀県が「日経BP第1回自治体ITガバナンスランキング」の都道府県部門全国1位に選ばれました[emoji:v-237]

最近では、古川知事が総務省のICT成長力懇談会に出席され、地方自治体としての声や、電子自治体実現に向けての意見を発言されています。

 古川知事ブログ(ICT成長力懇談会での発言)
 総務省HP
(配付資料)

佐賀県は「ICT最先端県庁を目指す」という目標を掲げていましたが、その目標が実現されつつあるのでは?

日経BP2008年2月12日

 日経BPガバメントテクノロジーは2008年2月12日、地方自治体(都道府県・市区)のITガバナンスを評価する「第1回 自治体ITガバナンスランキング」(下表)をまとめた。ランキング1位は千葉県市川市、2位は福島県須賀川市、3位は大阪府高槻市だった。都道府県では佐賀県が1位となった(全体では4位)

 調査は、「地方自治体の情報システムに関する調査 2007」として2007年11月に全国の47都道府県・782市・23区(計852団体る。10月1日時点に存在した全都道府県・市・区)にアンケート票を郵送。470団体から回答を得た。設問を「基本戦略」「推進体制・人材育成」「予算・実行計画・評価」「調達・開発・運用」「セキュリティ・事業継続」「ユーザーとのコミュニケーション」の6カテゴリーに分けて配点、各カテゴリーごとの偏差値の平均値で総合順位を決めた。

記事へのリンク

今日はすごく天気良かったし、気温も高かったけど、一日事務所で仕事。


17:00頃、本社の方々が事務所に来られた。
名刺交換したYさん(40才手前くらい?)が、資格の鬼だった。
一級建築士、技術士(都市及び地方計画)、宅建、再開発プランナー、マンション管理士、マンション建替えアドバイザー…。
資格試験に強いらしく、「受ければ通る」という人らしい。
一級建築士と技術士を同時に持ってる人はそんなに見ないっすよ。
ツメの垢を煎じて飲まなきゃ。


夜はだるま屋で、大阪事務所のBさんや上司と飲み、先ほど帰還。
Bさんから、同業者の方々の子育ての苦労話を聞いた。
この仕事は、終わるのが夜遅くなることも多く、土日も出社することが多いので、仕事と子育ての両立が大変らしい。
「子どもが“パパ”という単語を覚えなかった」といった話も聞くし…。
その話を聞いたときは、ショックだったなぁ。
将来生まれる僕の子どもは、“パパ”という単語を覚えて欲しいと切に願います。


仕事も大事だけど、一番大事なのは家族だと思うので、僕は子どもの成長を側で見ていきたい。
家族と過ごす時間は確保したい。
そのためには、仕事のスピードアップ・効率化が最低条件なんだよな~。

今日は(財)福岡アジア都市研究所のセミナー、
「東アジアからの挑戦~文化産業と創造都市~」
に参加。

テーマは、文化力や創造性を軸にした産業育成・都市ブランドの形成について。
スピーカーは、
橋爪伸也氏(建築史家・都市計画家)
西山徳明氏(九州大学教授)
倪宝栄氏(福岡工業大学教授)。

以下概要。


 広告・放送・デザイン・音楽・芸術などの産業は、「創造産業(creative industry)」と呼ばれており、例えば原価100円の化粧品が1万円で売れるなど、原価に対する付加価値が非常に大きい産業である。

 イギリスのクール・ブリタニア政策を始めとして、欧州各国は文化施策として付加価値のある創造産業の育成、都市ブランディングに力を入れている。
(事例)バルセロナ、ビルバオ(グッゲンハイム美術館)、ナント(街中で4日間繰り広げられる世界最大の人形劇)

 アメリカではシアトルにマイクロソフト、スタバ、amazonといった業界のトップを行く企業が数多く生まれている。

 創造産業の育成が世界の都市にとっての目標となっており、韓国や中国、シンガポールは、国の重点施策として莫大なカネをつぎ込み、アニメ、ゲーム、デザインなどの産業を育成しようとしている。

 特に中国はこの分野に注力しており、上海は「10年間でアジアのデザインハブ都市、20年間で世界のデザインハブ都市を目指す」と掲げている。上海では、行政の支援のもと創造産業関連の企業が集まる地区が形成されており、企業が集積している。
(事例)シンセン文化産業市、上海創造産業クラスター

 しかし、日本は個人、企業など民間の努力に任せており、今は東アジアのなかでほんの少しリードできているが、このままではいずれ追い越されてしまうのではないか。日本も行政主導のもと、創造産業の育成・バックアップにもっと力を入れるべきではないか。

 結論として、福岡ではどのような創造産業を伸ばすべきか。
①既に実績のあるゲーム、デジタルコンテンツ産の育成、
②福岡の地域性、食文化、人柄を活かした都市型観光、文化観光
に力を入れるべきだろう。

 創造産業の中でも、コンテンツやデザインなどの流動性の高い産業と、その土地に根ざした歴史・風土・文化といった土着性の高い資源があり、これを融合させるカタチが望ましい。

講演を聴いて、行政がバックアップすることで、コンテンツ産業がどれほど伸びるのかという点が気になった。アニメやデザインは、コスプレ好きやオタクの人が一部で熱狂的に盛り上がっていたり、サブカル的な魅力や、時代や権力に迎合しないものが魅力的に見えることが多い気がする。行政が支援すぎると、カドが取れて迎合しすぎ、おもしろみが無くなってしまうのではないか…。

先日参加したシンポジウム@飯山市の中で、新しい都市観光の事例として、「工場萌えの日々」が紹介されていた(練馬区役所井上氏)。
「工場萌えの日々」は、とある工場・コンビナート愛好家のblogから始まり、それが注目を浴びることで、雑誌、写真集、DVDが発売され、現在ではツアーも組まれている。
この“新しい旅”は、マニアの人が開発したものである。行政がマネをしてツアーを組んだりもしているが、オタクの視点・マニア性が無くなり、嗜好がずれて面白みが消えているという内容だった。

コンテンツ産業にしろ、新しい都市観光にしろ、一部の人が楽しみを見いだして、勝手に楽しんでいたものがその他大勢の人にも伝染したものが多く、行政がPRして大々的なイベントを展開したから流行る・盛り上がるものなのか?
ただ、カネをつぎ込んで競争のプラットフォームをつくり、優れた脳みそが集まると、良い商品が生まれる可能性が高くなるということはあるんだろうけど。
あんまりお金をかけずに創造的な都市をつくるための大事な条件としては、住みたいと思う、働きたいと思う人が自然と集まってくる都市であることがあるんだろうけど、福岡市はその点は恵まれてるかも。


また、新しい産業に投資することの一方で、各地に残る地域性の濃い文化や、古い建物は日々消えていっている。地域に残る文化を残していくことは、比較的実行しやすく、リスクもなく、効果的なことだと思うし、消えゆく地域文化への支援策は、行政に望まれている大きなテーマだと思う。
(いま、その支援策づくりのお手伝いをしているが、行政がどこまで支援するのか、どんなルールをクリアすれば支援できるのかというラインを設定するのが、本当に難しい)

ブログを始めて半年が経ちました。
● 開設後 : 191日
● エントリー数 : 111
● アクセス数 : 9,700
といった感じです。


情報の大海原の中で、ほそぼそ~と書き続けていますが、
近頃では日常を垂れ流すことに慣れてきて、日課になりつつあります。


見てくれた人からリアクションがあったときなど、「ブログやって良かった」と思うんですが、そのほかにもいろいろと楽しみがありまして…。
このブログには簡単なアクセス解析サービスが付いていて、どんな検索ワードで僕のブログにたどり着いたのかが分かるようになっています。
これを見るのが結構楽しい。


これまでの検索ワードで面白かったのが、「結婚式 ふんどし 二次会」
しかもこのキーワードは二日連続で記録されてまして、これは完全に同じ人だろうと。


「結婚式二次会でふんどし姿で余興するつもりの人が、日本のどこかにいるんだろうなぁ…」
I君の写真を見て、どう思ったのかなぁ…」
「場の雰囲気によっては、危険な賭けだと思うけど、大丈夫かなぁ…」


などと勝手な想像がモクモク湧き出ます[emoji:v-277]
果たして、検索してくれた方の結婚式二次会でのふんどし芸は無事成功したんでしょうか。
すごく気になる…。

今日は直売所の経営計画についての打ち合わせ。
個人的に気になった議題は、「直売所にレストランをつくるかどうか」

直売所では、農家の委託を受けて作物を売る際に、
10~20%の手数料を取る。
ただ、それだけでは利益率が低いので、運営主体となる地元の人は、
利幅の多い加工品やレストランをやりたいと言っている。


内部では、「どれくらいの人が来るかわからない状況のなか、
オープン時からレストランをやることは大きな賭けになる」
という話をしている。
調理設備への初期投資が大きい上に、人件費も比較的高い、
また、厨房スタッフをどう確保するか、
客を集めることが出来るメニューをどう開発するかなど、課題は多い。


先日、小国への視察の途中に立ち寄った大山町の「木の花ガルテン」は、
直売所+レストランの成功事例として全国的に有名。
だが、ここもスタート時は直売所のみ。


木の花ガルテンは、平成2年の開設当初、
農産物直売所だけで年間売り上げ約7000万円だったのが、
平成14年に地元の旬の食材でつくる農家料理バイキングを開設したところ、
売り上げは約4億5千万円へと約6倍に増加。
来店客数も開設時の年間7万人から約50万人へと大幅に増加している。
実際料理を食べてみて、ほのぼのした田舎料理に癒されたし、美味しかった。


それ自体に集客力があるレストランを計画することは大前提。
まずは直売と加工で人を集め、売れ筋と客層を把握し、
客からレストランへのニーズが高まってから、
満を持してオープンといった、段階的な展開が無難なのでしょうか。


それと、農家料理バイキングは数が増えたので、
他のレストランとの差別化も大きなテーマの一つです。

今日は両親が朝8時半に家に迎えに来てくれ、
母方のばあちゃんの33回忌のために、
嫁さんと両親と4人で久留米市の妙蓮寺へ向かった。

ばあちゃんの墓にお参りに行くのは何年ぶりだろうか。
多分、10年近く行ってなかったと思う。

僕の母方のばあちゃんは、僕が生まれる前に亡くなっており、
僕は別の人を“ばあちゃん”と呼んで育った。
子どもの頃は色々な事情は分からなかったので。

本当のばあちゃんには会ったことはないんだけど、
“ばあちゃん”には、料理を作ってもらったり、
一緒に遊んでもらったり、とてもよくしてもらった記憶がある。

いま、ばあちゃんと“ばあちゃん”は、同じ墓に眠っています。
今朝は、お墓にお参りをしてから、お経をあげてもらった。
寺の人と、ばあちゃんと“ばあちゃん”についての話をしながら、
僕らが知らない一面を聞いた。
誰かに覚えてもらっていて、しかも感謝されているって、
幸せなことだと思う。
33回忌の次は50回忌だそう。
それまでうちの母ちゃんは元気でいてほしい。
50回忌の前に、またお墓参りに行きます。

33回忌が終わった後は、父方のばあちゃんがいる
鳥栖市の老人ホームに向かった。
父方のばあちゃんは、現在92才。
90才のときに骨折をして入院してからは、
農作業という仕事がなくなったせいか痴呆が進み、
今では自分の子どものことも誰だか分からない。
でも、まだまだ元気で、話しかけたらしっかり返事してくれるし、
食事の時間には自分ではしでゆっくりおかずをつかみ、
「うまか」
と言いながらもぐもぐ…。

口癖は「きつか」らしく、メシを食べながら何度も「きつか」と言っていた。
施設の人曰く、「一日中“きつか”と言ってますけど、とっても元気ですよ」。

僕には3人のばあちゃんがいて、それぞれとても大事な人。
今元気に生きているばあちゃんには、もっと長生きして欲しいし、
その血を後世に受け継いでいけたらいいと思う。



8-2-11.jpg

 

 

 

 

 

 

 

さて、今から古賀市に行き、ワークショップ。
地域の将来をどうしたいか、じっくり意見を聞いてきます。

昨年、福岡市の仕事で外国人投資家対象に、
「不動産投資ハンドブック」
を作成し、
今年、その英語・韓国語・中国語のバージョンが出来上がりました。
内容は、日本の不動産投資の流れ・用語解説・法規制・
福岡市の魅力紹介・投資優位性の説明などでしたが、
果たしてこれをどれだけ活用してもらえるでしょうか。


ところで今日の朝、「九州経済NOW」というテレビを見ていると、
福岡の不動産市場のことを「国内で一番勢いがある」と言っていました。
08年、09年の2カ年で、現在27~30棟のオフィスビル開発の
予定があるそうで、うちの会社近くの中洲にも、
基準階940㎡、12階建てのオフィスビルが3月にオープンします。


CBREの「オフィスマーケットリポート12月号」を見ると、
福岡市のオフィス空室率
は07年9月から12月の3か月で、
7.4%から、7.9%に、0.5ポイントも上昇しています。
天神の空室率
も、4.9%から5.1%に0.2ポイント上昇していますし、
こりゃちょっと気になる現象じゃないのか…。
(一方で、平均賃料は9460円/坪と、0.3ポイント増加)


福岡都市圏の人口は平成42年まで増加すると
予想されており(国立社会保障・人口問題研究所)、
国内では比較的成長が期待できる市場です。
そして、投資のリスク分散やカネ余りで外国資本が投入され、
現在のような建設ラッシュが起きていますが、
先日、不動産鑑定士の方は「いくらなんでも供給過多なんじゃねーか」
とおっしゃっていました。


外資のカネが入って開発が促進されるというのは、時代の流れもあるし、
それだけ福岡に魅力があるという証拠の一つなんだろうとは思いますが、
あまりに価格設定が高くなりすぎるせいで、
若い人が天神に開店しにくくなる、
外資が福岡の風土を無視した開発を行うといった弊害もあります。


あと、もっと身近なところでは、旧岩田屋本館を改装し、
パルコが入ることで基本合意したらしいけど、個人的にはちょっと残念。
閉店ガラガラ状態よりは、開店しているほうがよっぽどましですが、
熊本に住んでいるときに、パルコ熊本店に入ったことはほとんどなかったし、
男にはあんまり縁がない店だというイメージ。


そしてなにしろ「改装する」ってのが夢がないねー(完全に人ごとですが)。
岩田屋周辺の天神2丁目で再開発構想があるという記事が新聞にのってたし、
市としても周辺一帯を再開発(民間主導)したかったようなのですが、
その構想も一時ストップ。


まだパルコになるかどうかも決定ではないようですが、
どうせ百貨店系が入るなら、メンズの品揃えがいい店が良かったなぁ。

昨日は直方市へ。
直方に住む会社OBの先輩が教えてくれたお店、
「ドライブイン ニュー八幡」へ。
直方市役所から車で10分くらいの八幡西区にあります。


ニュー八幡という名前なのに、とっても味のあるお店でした。
お店に4人で行って、先輩オススメのホルモン焼きを
4人前注文したところ、おばちゃんが
「4人前は多いけん、3人で丁度いいっちゃないと!?」
「んじゃ3人前にしとこ」
こういう会話がいいねぇ。


そして、出てきたのがこの料理。
鉄板で、うどん、キャベツ、もやし、ホルモンを豪快に炒めてある。
ホルモン焼きという名前で想像できるものとは少し違って、
野菜たっぷり、ホルモン入り焼きうどんといった感じ。
こんな料理初めて食べたよ。


これが結構なボリュームで、3人前でよかった~[emoji:e-254]
さすが筑豊、ホルモンは丸腸の状態。
小振りで柔らかくて、とっても美味しかった。


焼きうどんは小倉が発祥の地だし、丸腸と言えば筑豊。
筑豊と北九州の境目にあるお店ならではの、とっても地域性のあるB級グルメでした。


8-2-10.jpg

 

 

 

 

 

 

ドライブインニュー八幡
住所:福岡県北九州市八幡西区野面703
電話:?

昨年、入社して初めて農業分野の仕事に関わり、
その面白さが少しづつわかってきました。


初めて農業分野の仕事をするにあたって、
農業行政や農業ビジネスに関わる本を色々と読みました。
そのなかで特に面白かったのが、
「セミプロ農業が日本を救う」
という本。


新聞などでは、国は農地の集約や効率化を進めており、
大規模農家を優遇する方向と書いてあります。
その結果、農業の国際的な価格競争力は若干強くなり、
自給率も少しは上がるのでしょうが、
中国の人件費の安さや、欧米のような大規模集約型農業に勝てるのか…。
また、小規模の農家の人たちはどうなってしまうのか…。


そのことについて、本書では、リタイアした団塊の世代や
農家の暮らしに憧れる都市住民の労働力やノウハウを活かし、
「現在直売所で発揮されている競争力」

を軸に構想すべきだと言っています。


直売所で発揮されている競争力とは、
生産出荷体制の情報化であったり、
農家の方々が実体験を通して、ビジネスとしての野菜取引に習熟したり、
生産者情報の提示や味のあるパッケージングなど
商品の付加価値を上げる方法であったり…。


愛媛県の内子町にある直売所「フレッシュパークからり」では、
POSによる生産出荷管理システムが導入されていて、
農家のおばあちゃん達が携帯電話を片手に
直売所の在庫をリアルタイムで見ているらしいですよ。
一度行って見てみたいものです。


北部九州の直売所で考えると、福岡都市圏の
アジアに近いという立地を活かして
「付加価値のある安全な野菜を中国やアジア各国の富裕層に輸出すれば」
といった妄想も広がります。


ところで、昨日の西日本新聞に、
「福岡県がJAと連携して、アジアに野菜を出荷する会社をつくる」
というニュースが載っていました。
福岡県、フットワーク軽いっす。

2008年2月13日
県産輸出増へ貿易会社 福岡県とJA設立へ 販路拡大や所得向上狙う


イチゴ「あまおう」や八女茶など福岡県産の農産物の輸出を促進するため、同県やJAが新しい貿易会社を設立することが12日分かった。新会社は海外市場の開拓を進めるとともに、農協から直接、海外の輸入業者に商品を流通させ、小売価格引き下げや県内農家の収入増につなげる。「自治体が輸出会社の設立に携わるのは全国的にも珍しい」(同県)という。

 計画では、貿易会社は農産物主体の輸出専門の株式会社。資本金は5000万円で、県は5%の250万円を出資する。県は県内のJAなど農業団体に出資を働き掛け、2008年度中の設立を目指す。

 現在は生産農家から海外の小売業者に届くまで、国内の卸売市場や輸出業者などの中間業者が介在。季節によっては香港での県産イチゴの小売価格が国内の2、3倍となるなど、割高な価格設定が販路拡大の阻害要因となっているという。県は、貿易会社の設立で中間業者を省き、海外での小売価格を下げるとともに、農家の所得に還元し、輸出意欲を高めたい考えだ。

日曜日は、仕事をした後、
今年4月に結婚する友人Bくんの新居におじゃましてきました。
愛の巣の写真を晒そうかと思いましたが、やめときます。
新築ということで、スッキリしてて明るいお部屋で、
とってもいい感じでしたね。
まぁ、中でも一番存在感があったのは、渡辺氏セレクトの観葉植物でした[emoji:e-113]


Bくんは僕の友人のなかでも一番料理上手な男。
酒飲みにはたまらん味付けで、
そんじょそこらの居酒屋なんかよりは絶対美味い。
今日のメインはイカフライと、もち・チーズを入れたお好み焼き。
山芋多めでキャベツ少なめ。いつもながらイケてます。
その後出てくる料理も、適当に具材を鉄板にぶっ込んで、
ちゃちゃっと作るんだけど、これが美味い。
相変わらず毛深い[emoji:d-2]けど、料理が早くて上手な男です。
お店を出すなら、屋号は「鉄板焼きBEN」で決定ですね。


8-2-9.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その後、天神に移動し、先輩と関東から帰福したMくんと合流。
紅ショウガたっぷり!のラーメンで締め、解散。

この一週間は、外での食事が多かったですが、
嫁さんの体調もあり、毎回ちょっと早めに帰ってます。
一緒に食事した皆さん、早めに失礼して申し訳ないが、
堪忍してくださいぃ。

この週末は、昼は仕事、夜は飲みのパターン。
土曜の夜は、中国で働く友人が旧正月で日本に帰ってきたので、
親しい友人達が集まり、親富孝通り裏手の魚菜川口店へ。
このメンバーが集まると、完全に男子校のノリです。
もう18年の付き合いですから、考えてみると、
人生の半分以上を一緒に過ごしてるんですねぇ…。
グローバルなネタもたくさん聞けました。
Nさん、いろんな意味で開発されすぎです!!


料理は、黒鯛、鯵、鮑の活きづくり。
鮑がコリコリで美味い。
黒鯛もおいしかったですが、新鮮すぎてちょっと残酷でしたね…。
見事にさばかれた黒鯛がピクピク動いてるし…。
その後、鯛、牡蠣、ホタテの鍋。
いやぁ、ほんと楽しかった。
よく笑った。


最後は、ガンソを食べて、締め。
ガンソは相当まずかった。
ナマを頼んだのに、博多うどんみたいなヤワ麺が出てきた。
ま、これもご愛敬。
他の店ならもう二度と行かないけど、ガンソなら許せる[emoji:e-441]

8-2-7.jpg黒鯛の活きづくり


8-2-8.jpg鯛と牡蠣、ホタテの鍋

 

 

 

 

 

 

魚菜川口店
住所:福岡県福岡市中央区天神3丁目2-14
電話:092-714-3009

金曜日は、八女市の職員の方々と、会社OBの先輩と食事。
会社近くの韓国料理屋「ジョンガ」へ行きました。
この店は、韓国の家庭料理といった感じの店で、
オモニの人柄に多くの常連さんが集まるお店です。


お客さんのほとんどは女性で、場所柄もあり、
中洲で働く人たちもたくさん来ているようです。
女性に支持されるお店って、いい店が多い。
ニンニクたっぷりの料理が多いので、
次の日、仕事がないときに行くのがいいかもです。
行くと、だいたいマッコリ祭が開催されます。
マッコリは静かに効いてくるので、
飲み過ぎに注意です(体験談)。


8-2-4.jpg

 

 

 

 

 

 

 

ジョンガ
住所:福岡市博多区須崎町1-8
電話:092-281-1323


●八女のいもまんじゅう

土曜日は、八女市の郷土料理を集めた
「いもまんじゅうサミット」に行ってきました。
すごいネーミングのイベントです。


会場は警固神社。
主催は八女市地産地消拡大促進協議会です。
僕は、いもまんじゅうを売るお手伝いとしてかり出されました。
昼12:00にオープンだったのですが、
開場と同時にお客さんが流れ込み、目の回るような忙しさ。
一食500円の弁当も300ケース用意していたのですが、
2時ころにはほとんど売り切れてしまいました。
合計600人くらいは来られたでしょうか。
大盛況で、お弁当やだご汁、ちまきなどもすべて売り切れ。

8-2-5.jpgこの弁当は500円なり

 

 

 

 

 

 

 

 

 

イベントの開始前には、料理家の藤清光先生から、
商品をお客さんに説明する際の言葉について、
一人ずつ「この料理はここがすごいから、重点的にPRしてください」
といった具合に、具体的なアドバイスがなされていました。
おばちゃんたちにとっては、
自分のつくった料理へのお客さんの反応をその場で知ることができ、
実際にもてなしをする機会でもあり、
料理のPRの仕方も先生から聞くことができる。
非常に意味のあるイベントだなと感じました。

8-2-6.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

食材の産地と作り手の顔が見える、
安全・安心な料理をいただけるということで、
中高年のおばさま、おじさまたちに大人気でした。
餃子の事件もありましたし、時期的にも最高だったのでは?

一昨日は会社の経営会議でした。
僕がこの会社に入って今までで、
一番楽しい会議の一つだったかもしれないです。


来年の仕事をどう取っていくかという近い目標と、
長いスパンで見て会社の方向性をどうするかという
大きなテーマについて話をするなかで、
全社員が思いをぶつけ合うことができたので。
自分としても、会社の経営について思いのたけを話しました。


僕が働いている会社は、社員が7人と少ないなかで、
都市計画・産業計画・住宅計画・建築計画・行政の施策づくりの
お手伝いなどなど、様々な分野の仕事をしています。


一方で、社員に求めることは、特定の分野のプロになれということ。
広い分野の仕事をしながら、狭い分野のプロになるというのは、
とても難しいこと。


僕は、会社の方針として、会社が受ける仕事の分野を
徐々に絞り込んでいくことも検討する時期に来ているんじゃないか
という提案をしました。


あまりに玉虫色になりすぎると、個性がはっきりせず、
何をしたい会社なのか、何をもって社会に貢献する組織なのか、
外部の人に分かりにくくなってしまうと思ったからです。


組織の視点から見ると、各人がそれぞれの分野で、
「これはこの人に相談しよう」という人になれれば、
その集合体としての組織の柔軟性や、対応力が出てきて、
強みになる。


個人としては、小さな組織で働く身なので、
一人一人が経営者の意識を持つ必要がある。
会社の経営に関わる様々な数字も見ることができる。
また、都市計画・産業系のコンサル会社という、
同業者はそんなに多くない業界のなかで、
特にうちのような玉虫色の会社は少ない訳で。
それはそれで、色々な方面の仕事を、常に学びながら取り組めるという、
ありがたい環境でもあります。
今年も、観光・農業と、その両方の情報化に対して、
興味を持って勉強するつもりですし。


会議の最後に、上司が
「個人個人が、特定の分野や、特定の地域での悩みについて、
気軽に相談される人間になることを意識しながら、
相談できる人のネットワークづくりを進めていくことが必要」
といった話をしてまして。


それに対しては、うちの本社や大阪事務所、名古屋事務所、東京事務所
には、素晴らしい人材がたくさんいるので、
このネットワークを下の人間が活かす必要があります。
機会をみて、本社の方々と飲む機会をつくろうと思います。


そして、今年から観光に関する勉強会を開催していきたいと思います。
詳細決まったら、またブログで書きます。


個人として何をやるべきかという課題が絞られ、
具体的に取り組む行動も見えたので、非常にいい一日でした。

僕はANA派です。
寝ぼけ眼をこすりながら、朝7時半羽田発の便で福岡へ。

すると、スッチーさんの顔、どこかで見たような…。
なんと、高校時代からの友人でした。


むこうも相当びっくりしてて、「あーーっ[emoji:e-451]」って声あげてました。
昨日の夜、大分へのフライトが急に福岡行きに変更になったそうで。
そりゃまぁ偶然なこともあるもんだなと。


子どもはまだいないんだけど、子ども用のおもちゃセットをもらいました。
当分は僕が遊びます[emoji:v-511]


そして、福岡空港では、沖縄に帰る途中のお義兄さんにこれまたばったり遭遇。
偶然って、続くもんですねぇ…。

夜中、友人と銀座を歩いていると、迷ってしまいまして。

ふと見ると、慶應義塾発祥の地の碑が!
ふうん…けっこう控えめな碑なのですねぇ。

8-2-2.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もう少し歩いてると、目の前に築地市場が!
ということで、深夜12時の築地市場に潜入?してきました。

この時間は、さすがになーんも売ってないねぇ。
冷凍された輸入ものやら加工品が搬入される時間らしく、業者の人が慌ただしく動いてる。
リフトやカートが走り回ってる。
テレビでよく見る、威勢がよくて活気のある“オモテの築地”と違って、
黙々と働く、準備中の“ウラ築地”って感じでした。
8-2-3.jpg

佐賀城下ひなまつりのCMが完成したそうなので、ご紹介です。
皆さん、是非足を運んでみてください!

今年のひなまつりでは、佐賀観光の新しいキャラクターもデビューします。
名前は「俵マイちゃん」。
佐賀城下ひなまつりやバルーンフェスタなどのイベント時に主に使用し、
佐賀の明るさ、元気の良さ、健康さ、ねばり強さなどを伝えていくキャラクターです。

マイちゃんの他に、佐賀の歴史に裏打ちされた“本物”の文化、和の魅力、
ゆっくりした雰囲気などを主に中高年の女性向けに発信するキャラクターも
現在作成中です。
完成したら、またご紹介します。

CM↓

マイちゃんのシナリオ(クリックで拡大)↓


8-2-1.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

佐賀城下ひなまつり(佐賀市HP)

PROFILE

twitter


Twitterボタン
Twitterブログパーツ

January 2015

 Sun  Mon  Tue  Wed  Thu  Fri    Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31