サンセットライブに行ってきました①

土曜日に、志摩町の芥屋で開催された「サンセットライブ」に行ってきました。
しかも、観客ではなく“ベロタクシー”のドライバーとしての参加です。
サンセットライブは、今年で15年目とのことですが、僕は今回初めての参加です。
最初の頃は、カフェの「サンセット」に地元アーティストが集まるイベント、というイメージだったけれども、今は本当に大きなイベントになってますね。

●ベロタクシーとは
ところで、ご存じの方も多いと思いますが、“ベロタクシー”とはドイツ製の自転車タクシーのことで、全国17都市で運行中しているそうです。
車体重量は約150㎏で、定員はドライバーを除いて2名。
乗客を乗せると、ゆうに200㎏を超えます。
福岡市内でも、天神を中心にベロタクシー福岡(http://www.velotaxi-fuk.com/index.html)が運行中。
今回はベロタクシー福岡のボス、楢崎さんに呼んでいただきました。

●ドライバーは、かなりのハードワーク
ドライバーの基本動作やコースを教えてもらった後、昼12時頃から賃走開始。
会場周辺の駐車場はすぐに一杯になってしまいますが、それからがベロタクシーの出番です。
一番遠い駐車場は、会場から約2㎞の距離にあり、周辺の道路も渋滞がひどいので、小回りのきくベロタクシーの需要はかなりあるようです。
実際、ひっきりなしにお客さんから声がかかる状態でした。
日差しはそれほどきつくなかったけれど、ドライバーは想像していたよりもかなりのハードワークでした。
体重70㎏と80㎏の男性二人組をのせたときなどは、坂を登り切れず、途中でストップしてしまい、「後ろから押しちゃろーか??」と気を使ってもらう始末。
お恥ずかしい限りです・・・。

●来たる自転車時代に向けて
最近はもっぱら通勤での利用のみですが、自転車はとても大事な趣味のひとつであり、これからも研究していきたいテーマです。
環境問題や道路行政の状況等を見ても、今後自転車の重要性・注目度はますます増加していくのではないでしょうか。
特に、福岡市は自転車に関して悩みが多い都市です。
日本を代表する「自転車ツーキニスト」の疋田智さんも最近の著書の中で、「福岡市は最も自転車で走りにくいまちの一つ」と触れておられました。加えて、違法駐輪の問題もあります。
だからこそ、自転車をとりまく環境を改善する余地が大きく、施策の効果が出やすいのではないかと思います。
来たる自転車時代のために、自転車活用の取り組みをされている方、アイデア・興味を持っておられる方々とのネットワークを大事にしていきたいと思っています。
楢崎さんや、竹本さんをはじめとするドライバーの皆さん、足手まといだったと思いますが、明るく、温かくご指導していただき、本当に感謝しております。

7-9-1.jpg会場周辺にて

7-9-2.jpg

のどかな風景の中、

スローペースで走るベロタクシー

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: サンセットライブに行ってきました①

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://foopdedoo.sakura.ne.jp/hoge/mt/mt-tb.cgi/725

コメント(2)

ヨシユキ :

TITLE:
SECRET: 0
PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
チェス!
ベロタクシーでECOな上、若干アジアを
感じるホノボノビークルかと思ってました。
これからはドライバーさんの苦労を多少感じる
事にします。

しかしサンセットにせっかく行ったのに見るのは
楽しんでいる人々だけとは残念やったね。

ksk :

TITLE:
SECRET: 0
PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
見た目はほのぼのしてるけど、
ドライバーには相当な体力とコミュニケーション力が必要です。

六時頃から、ライブにも行ったよ。
しっかり、酔いちくれてきました。

コメントする

PROFILE

twitter


Twitterボタン
Twitterブログパーツ

January 2015

 Sun  Mon  Tue  Wed  Thu  Fri    Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31