IGP 19

2008.06.23 Mon  12:04
模試2回目。

学科Ⅰ(計画)13/25 ケアレスミス1問 やれそうっだった問題4問

・ADPIは値が大きいと気流分布が良好

・放射不均一性の限界

  暖かい天井…5℃以内

  冷たい窓・壁…10℃以内

・静穏な気流(0.2m/s以下)では作用温度とグローブ温度は一致する

・相当隙間面積=相当開口面積/床面積

・京間より江戸間が小さい

・小学校の上下足の履き替えは面履き方式より線履き方式の方が良い

・手術部門は他部門への通り抜けができないように配置する

学科Ⅱ(法規)法規20/25(参考記録)

※遅刻・腹痛・着信の為、時間内に全て解けず(^-^;

学科Ⅲ(構造)16/25 ケアレスミス2問 やれそうだった3問

・CFT(コンクリート充填鋼管造)の充填コンクリートの短期に生じる力に対する許容応力度はコンファインド効果を考慮する場合、実況に応じた強度試験により強度の割り増しができるが、設計基準強度以下の値とする

・CFTの充填コンクリートの設計基準強度は24N/mm2以上

・砂地盤では荷重が同じ時、基礎底面が大きいほど即時沈下量は大きくなる

・設計基準強度…構造計算時の強度

・調合強度…調合を定める時に目標とする強度

・鋼材ダンパーは水平力を低減させるもので、固有周期を長くするものではない

学科Ⅳ(施工)18/25 ケアレスミス0問 やれそうだった問題2問

・くさび緊結式足場の壁つなぎは垂直5m以下水平5m以下

・朝顔は水平2m以上突き出し・20°以上

・アースドリル工法における安定液はできるだけ低粘性のものを使う

・スリーブの取り付けはコンクリート打設時にスリーブが浮いて移動しないよう型枠に堅固に留め付ける

・アスファルト防水工事において平場の保護コンクリートに敷きこむ溶接金網の重ね幅は1節以上かつ150mmとし鉄線で結束する

・野縁と野縁受の留付けクリップは交互に向きを変えて留付ける

・グリッパー工法の時、下敷き用フェルトはグリッパーよりやや厚いものを使う

 

合計67/100(参考記録)・・・・・・( ̄  ̄;) うーん、アシキリ、ギリギリ(-_-;)

Trackback(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: IGP 19

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://foopdedoo.sakura.ne.jp/hoge/mt/mt-tb.cgi/235

2011年4月

 Sun  Mon  Tue  Wed  Thu  Fri    Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

TONKOTSU