IGP 4

2008.05.23 Fri  19:30

施工3日目。

鉄筋工事ダケ。。。眠かった。

22日(木)

9/11。

間違ったとこ。うろ覚えなとこ。

・スペーサーの配置・数量

 スラブ…1.3個/㎡ 梁…1.5m間隔

・加工寸法の許容差

 主筋D25以下…±15(一般・標準) ±10(長期)

 主筋D29以上D41以下…±20(一般・標準) ±15(長期)

 あばら筋・帯筋・スパイラル筋…±5(一般・標準・長期)

・鉄筋相互のあき最小寸法

 粗骨材の最大寸法の1.25倍

 25mm

 呼び名・径の1.5倍(径が異なるときは平均径)    のうち壱番大きい値

・定着および重ね継手の長さ

コンクリート強度    重ね継手      一般(定着)    小梁(定着)     床・スラブ(定着)

 21~27   40d or 35dフック付   35d or 25dフック付   25d or 15dフック付   10d and 150mm以上

・直径の異なる鉄筋の重ね継手の長さは、細い方を基準とする

・圧接工の資格

 1種…D25以下 2種…D32以下 3種…D38以下 4種…D51以下

・圧接完了後の検査

 外観検査…原則、全数行う

 非破壊検査(超音波探傷試験)…1検査ロットあたり30箇所

・不良圧接の補正

 再圧接…軸心のくい違いが1/5dを超えた場合 圧接面のずれが1/4dを超えた場合

              形状が著しく不良なもの

 再加熱…ふくらみの径が1.4dに満たない場合 ふくらみの長さが1.1dに満たない場合

              著しい曲がりがあるもの

Trackback(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: IGP 4

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://foopdedoo.sakura.ne.jp/hoge/mt/mt-tb.cgi/189

2011年4月

 Sun  Mon  Tue  Wed  Thu  Fri    Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

TONKOTSU