日本語を学ぶ

良く耳にする日本語でも、意外にもその言葉の意味がわかっていないことが多い。
 

「九分九厘」
 
今までは、ほとんどって意味で使っていた。
 
例えば・・・
 

iphone?親族にdocomoがいるんで九分九厘、無いよ!
(iphone?親族にdocomoがいるんで間違いなくiphoneにはしないよの意味)

 
 
 
 
ふと思ったのが、この「九分九厘」
 
確立で言うと、
0.099=9.9%
すごく低い確立っつうことになる!! 
 
さっきの例えでいうと、

  

iphone?親族にdocomoがいるんですごく低い確立でiphoneにはしないよ
 

 
iphone?親族にdocomoがいるんでほぼ間違いなくiphoneにするよ

 
 
ってなる。
 
ん〜日本語って難しい。
 
で、意味を調べてみた。 
 

 
 
 
 
以下、Wikipediaより

分(ぶ)は、1/10 を表わす漢数字であり、10 を表す漢数字「十」の逆数である。
   
江戸時代の日本では、歩合の基本単位は 1/10 を表す割であった。
それは、現代人が 1/100 を表すパーセントを使うのに近い。
たとえば、3.26 寸を「三寸二分六厘」というように、3.26 割を「三割二分六厘」といった。
この使い方が現代にまで残り、あたかも割が1/10、分が 1/100 を表すように見えることとなった。
しかし、本来の分、厘は、それぞれ 1/10 割、1/100 割という意味。」

 
 
ブリーーーン!!!
 
つまり、九分九厘を正式な単位でいうと
0.99=99%って事みたい。
 
 
だからさっきの例えで言うと、
 

iphone?親族にdocomoがいるんで間違いなくiphoneにはしないよ!!

 
ってことになる。
 
 
 
 
九分九厘の人が、九分九厘の事を知らないし、疑おうとしない。。
常識だってそう。
常識は、万人共通の考え・意識であって、九分九厘正しいってわけではない。
信号みたいなもので、青だから進めると思っていても事故る事はある。
むしろ、赤でも自分で確認して進めると思ったらそれが正解なのかもしれない。
(赤で進もうって言ってるわけでは九分九厘ないです。)
 
以上、「榊原式スピード思考力」 榊原英資(著)より思った事。
 
41lQBvdBU1L._SS500_のコピー.gif
 

ん〜日本語って本当に難しい。 
 
ほんと、いとゆかし。 
ゆかし??   調べてみよっと。


TRACKBACK(0)

URL for TRACKBACK : http://foopdedoo.sakura.ne.jp/hoge/mt/mt-tb.cgi/419

COMMENT(2)

o-kura Author Profile Page:

>赤で進もうって言ってるわけでは九分九厘ないです。

いや、ここは100%にしとこ。
九分九厘でもダメだろ。

Ero-K Author Profile Page:

あなたの意見は、九分九厘正解です。