if もしも(人生における選択) 中洲川端編

人生を生き抜く中で、究極の選択を迫られる事があると思う。
 
右か左か。
 
選択次第では、その後の人生に大きく影響してくるような場面。
 
 
今日は、そういった一つの例を紹介したい。
 
 
 
 
 
場所は、博多区は中洲川端。
 
みなさんも知っての通り、ここには究極の選択を迫られる場所が存在する。
   
つい先日、僕は自らその場所に足を踏み入れてしまった。
 
 
その究極の選択とは、
 
 

焼きカレーか、焼うどんか。
(伽哩本舗 vs 川端どさんこ)

 
両方とも、鉄板中の鉄板だけに、はずれがないのは間違いないのだが、
あまり足を運ぶところでもないため、
 
自分が今本当に食べたいのは何か??が問われる。
 
 
そう、中洲川端とは、
真実の胃袋の気持ちを追求する場。
そして唯一、自分の胃袋と会話ができる場。

 
はたして、福岡にここまで崇高な場所があるだろうか。
 
 
 
結局僕が選んだ道は、、、、
 
 

 

 
 
 
 
元祖焼きカレーの店。「伽哩本舗」

ほんぽのコピー.gif
 
★★★★★
 
 
 
 
毎回僕はどちらを選ぶにしろ、
帰りは、選ばなかった方の店を見ないようにしている。
 
それは、後悔したくないからではない。
 
自分の選んだ店に対する敬意をはらうためだ!!!
 
 
 
 

人生を生き抜く中で、究極の選択を迫られる事があると思う。
 
ただし、これだけは言っておきたい。
 
正解なんてものは、この世には存在しない。
 
あるのは、常識のみ。
 
常識が、自然と正解という誤解を生み、
 
その誤解が、怠慢な態度を生む。
 
 
人が人としてもっとも誇れる能力。それは、「考える」という能力。
 
考える事に対して、怠慢になりたくない。
 
一生懸命に考えるんだ!!! 
 
 
 
 
 
 
くだらない内容をどこまでアツく語れるかに挑戦してみた。
 
これも「考える事」を一生懸命にやった一つの証。
 

 

TRACKBACK(0)

URL for TRACKBACK : http://foopdedoo.sakura.ne.jp/hoge/mt/mt-tb.cgi/423

COMMENT(4)

毛 :

松屋に毎日いってください!!

o-kura Author Profile Page:

毎日ココイチでもいいと思います!!

Ero-K Author Profile Page:


松屋のカレーをおいしく食べるには条件がありすぎる。
・松屋のカレーは高い。1万くらいするじゃん。(なんやらかんやらで。)
・時間帯が朝しか食べれないし。
・そしてなにより、あなたと食べない松屋なんて・・・。

Ero-K Author Profile Page:

0-kura

この文字見てると、

o-kura鞄店ピョンピョンピョン♪
バキューーン♪

を思い出す。そう。九分九厘思い出す。