2009年1月archive

MT4

徐々にスタイルシートについて理解してきた。
 
いろいろと弄ってみたんで、少し変更してみました。
 
少しづつ少しづつ本ブログも進化中。

人生を生き抜く中で、究極の選択を迫られる事があると思う。
 
右か左か。
 
選択次第では、その後の人生に大きく影響してくるような場面。
 
 
今日は、そういった一つの例を紹介したい。
 
 
 
 
 
場所は、博多区は中洲川端。
 
みなさんも知っての通り、ここには究極の選択を迫られる場所が存在する。
   
つい先日、僕は自らその場所に足を踏み入れてしまった。
 
 
その究極の選択とは、
 
 

焼きカレーか、焼うどんか。
(伽哩本舗 vs 川端どさんこ)

 
両方とも、鉄板中の鉄板だけに、はずれがないのは間違いないのだが、
あまり足を運ぶところでもないため、
 
自分が今本当に食べたいのは何か??が問われる。
 
 
そう、中洲川端とは、
真実の胃袋の気持ちを追求する場。
そして唯一、自分の胃袋と会話ができる場。

 
はたして、福岡にここまで崇高な場所があるだろうか。
 
 
 
結局僕が選んだ道は、、、、
 
 

 

2009年、年明けからの福岡大学建築学部OBによる怒濤の処女作竣工ラッシュ。
1発目は、同級生の篠崎氏。

2発目は、先輩の相良さん。   

そして、フィナーレを飾るのは「この男!!」
 
モテる空間作りは俺に任せろ!学籍番号TA00台 原田氏!!
 
 
 

先生.gif
 
 

 


日本語を学ぶ

良く耳にする日本語でも、意外にもその言葉の意味がわかっていないことが多い。
 

「九分九厘」
 
今までは、ほとんどって意味で使っていた。
 
例えば・・・
 

iphone?親族にdocomoがいるんで九分九厘、無いよ!
(iphone?親族にdocomoがいるんで間違いなくiphoneにはしないよの意味)

 
 
 
 
ふと思ったのが、この「九分九厘」
 
確立で言うと、
0.099=9.9%
すごく低い確立っつうことになる!! 
 
さっきの例えでいうと、

  

iphone?親族にdocomoがいるんですごく低い確立でiphoneにはしないよ
 

 
iphone?親族にdocomoがいるんでほぼ間違いなくiphoneにするよ

 
 
ってなる。
 
ん〜日本語って難しい。
 
で、意味を調べてみた。 
 

多読のススメ

オオタケが本は買うべき!とブログを更新してたちょうど今日、タイムリーに読んだ本。
 
51BE1142H2L._BO2,204,203,200_PIsitb-sticker-arrow-click,TopRight,35,-76_AA240_SH20_OU09_のコピー.gif
 
「レバレッジ・リーディング」 本田 直之(著)
 

内容は、「速読より多読」を勧めるってことを説明している本なんだが、
文中に、「本は唯一の損をしない投資」とあった。
 
汚い話、読めば読む程、本代の100倍くらいの金を生む知識となるって事らしい。
 
だから、著者は年間100万くらい本に使い、一日一冊読むらしい。
 
 
いや、読めないし・・・
 
って思うかもしれないけど、そのための本の読み方が書いてある。
 
そして、さらに本は買う物だ!!って事も書いてある。
 
 
正直本に対する考え方が変わる一冊。
A型の方にはお勧めです。

2  3 次の5件